2019/06/29

岩川侑樹さん8位入賞|日本選手権女子1500m

今治造船の岩川さん、8位入賞です。
記録は4分20秒33。
岩川さん、すっかり日本選手権の常連になってきました。
レース序盤から中段より後ろの位置で走り、前の展開をしっかり把握して走っているように見受けられました。
四国にある今治造船はいわゆる駅伝強豪の実業団ではありませんが、こうしてしっかり結果を残す選手がいることが素晴らしい。
故障明けで日本選手権まであまり練習出来ていないと聞いていましたが、伸びやかで、それでいてピッチのあるフォームは相変わらずでした。
夏場にはぜひ記録にも挑んで欲しいなと思います。

女子1500mは小林祐梨子さんが日本記録を出してから13年間、誰も4分10秒を切っていません。
4分10を切ったことがあるのは小林さんと杉森さんだけなので当然ではありますが…。
決勝のメンバーを見ると、駅伝も走っている選手が殆どです。
「1500で上を目指す」というよりは「日本選手権に出られる」「出るからには本気で走ろう」という意志が見え隠れしている…そんなふうに感じてしまいました。
意識が国内に留まっている…そうも感じました。

本来であれば、スピードのあるランナーが駅伝との掛け持ちをするのではなく、生粋の1500mスプリンターが目立ってほしい種目です。
これから若い選手が1500mという距離の中に棲息していくには、現在を走る社会人が道を作るしかない。
そうした意味でも、優勝した卜部さんは勿論、シニア期に成長した岩川さんら社会人スプリンターの活躍に期待しています。