2018/05/28

高石涼香さん、最後の関東インカレ

関東インカレの女子800mに出場した東大の高石さん。
大学4年生、最後の関東インカレで決勝まで勝ち進み、7位入賞を果たしました。
決勝でのタイムは2分13秒52。
この前日に予選と準決勝を走っていますから連戦の疲れが少し見受けられました。
決勝では、オープンコースになってからペースアップをした際の疲労が中盤から後半に出てしまったようです。
こればかりはどうしようもありませんし、攻める姿勢を貫いた高石さんの選択が素晴らしかった。
先頭につく形で400mを62~63秒で通過。
最善だったと言えるでしょう。

前日の準決勝を2分10秒92の自己ベストで走り、その翌日にさらに大きなレースに挑む。
恐らく未知の世界に足を踏み入れたような感覚だったのではないでしょうか。
関東インカレは、出るだけでも大変な大会です。
ましてや決勝に残ることは容易なことではありません。
関東インカレの参加標準記録(2分16秒50)は、ほとんどの県では、高校総体県大会の決勝レベルのタイム。
高校の頃から陸上をやっていて、各地域で活躍していた選手が目指す舞台、それが関東インカレです。
東大の高石さんは、何度も紹介していますが、陸上競技を始めたのは大学からです。
2016年10月、日体大記録会の動画です。
この時の走りと、今回の関東インカレの走りを比べると、およそ1年半の間に高石さんが急速に進化してきたことが良く分かります。
大学の授業、課題、テスト…東京大学ですから大変だろうと思います。
そうした中、自分の走りと向き合い試行錯誤を繰り返し、今の速度とフォームを手に入れたのでしょう。

走り方は、誰でもレベルアップすることが出来るものです。
そしてタイムは、それなりについてくるものです。
高校に入ってから陸上を始めた人、高校2年で少し諦めかけている人、そして指導者の人たちにとって、高石さんの軌跡は大きな勇気となるのではないでしょうか。

2018/05/12

高石涼香さん|水戸招待陸上女子800m

ゴールデンゲームズを観戦するため延岡にいた時、気になっていたのが同日開催されていた水戸招待でした。
女子800m1組目に東大の高石さんが出場していたので、陸連のライブ配信で観戦しました。

このレース、スタートから高石さんはリラックスしつつしかも良いペースで走り出します。
1周目のホームストレートでは先頭に出る積極性を見せてくれました。
自分のペースと設定を貫く姿勢、そして700までの走りが素晴らしかった。
昨年と比べても明らかに体幹の強さが違うことが分かります。
走り方がまるで別人。
それくらいレベルアップしています。
そして今回のラスト100~150の走りを見る限り、展開と調子次第ではここでもう少し粘ることも出来るだろうと見受けられました。
今回も調子は良さそうでしたから、展開と体調と言っても、もう本当に微々たる違いでしかないでしょう。

何にせよこのレースを2分11秒13の自己新で走り切った高石さん。
2分10秒前後で走るのは時間の問題だろうと思います。
関東インカレまで1分1秒を大事に過ごし万全の状態で臨めることを祈っています。

今回も高石さんご本人がレースの振り返りを記事にしています。
2018/5/5 水戸招待陸上 女子800m高石
レース動画を見てから読むと800mを走っている方にはとても参考になるかと思います。

2018/05/08

岩川侑樹さん(今治造船)|GGN女子1500m

女子1500m A組、今治造船の岩川さんが走りました。
4分21秒88でこの組5着。
走りを見る限りでは、調子は良さそうでした。
今年度から監督が変り新体制になった今治造船。
駅伝にも出てくるかもしれません。
やはり注目しておきたいチームです。

ところでこの組、名城大学に進学した和田有菜さん、髙松智美ムセンビさんのワンツーフィニッシュでした。
両名とも速い選手なのですが、特に髙松さん(右端)はこの背格好。
この小さな身体で4分16秒台で走ってしまうのだからビックリです。

以下、このレースでの岩川さんの画像です。

2018/05/07

女子5000m|第29回ゴールデンゲームズ in のべおか

女子5000mA組、今年第一生命に入社した出水田さんが出場。
タイムは15分47秒15。
自己ベストには少し遠いタイムですが走れているという印象がありました。

驚いたのは長崎商業の廣中瑠梨佳さん。
強い選手なのはよく知っていたので、展開次第では日本人1位で来るかもしれないと予想はしていましが、15分33秒41の好走で結果的に日本人4位。
これほどのメンバーが揃う中、記録、順位ともに素晴らしかった。

この組にはデンソーの森林さん、倉岡さん、矢田さんが走っていて、それぞれ好調を維持しているようでした。
森林未来 デンソー
今年の駅伝シーズン、デンソーが強そうです。

そしてC組を走っていた大阪学院大学の水口瞳さん。
水口瞳 大阪学院大学
スタート後、前に出てレースを組立てていました。
学生が前に出て、実業団選手が後から追い抜くのはどうなんだろうか…と思いつつ、自分から前に出る姿勢は偉いなあと感心しきりでした。
前に出ることが偉いと言うより、自分のペースを貫こうとする姿勢。
速い遅いや結果や順位ではなくて、市民ランナーからトップ選手まで、こういう走り方をする人が好きです。

佐藤佑輔選手|第29回ゴールデンゲームズ in のべおか

男子5000mA組を走った富士通の佐藤選手、13分39秒59の自己ベストで走りぬきました。
終盤にはペースメーカーのディラング選手に迫る積極的な走り。
何か想うところがあったのか、とにかくがむしゃらな走りが印象的でした。
今回の観戦で最も強く記憶に残ったのは、佐藤佑輔のこの姿でした。

目の前を走るランナーの中に、誰よりもがむしゃらな人がいた。
その姿が眩しく、素晴らしい走りだった。
ただそれだけのことなのですが、それは観る側にとって充分すぎることです。
自己新記録おめでとう。

2018/05/06

男子10000m、第29回ゴールデンゲームズ in のべおか

男子10000mに日清食品の村澤選手が登場。
意外なことに、ちゃんと目の前で走りを見るのは初めてでした。
記録は28分46秒60だったので走っている本人には平凡だったのかもしれませんが、映像で見る以上にパワフルな走りで驚きました。

そしてこのレース、設楽悠太選手は残念ながらDNF。
話題になった厚底シューズで走っていました。
「あれでトラックを走るのはどうなんだろう?走りにくくないのかな?」
と思いながら見てしまいました。

そして1位になったのは旭化成の大六野秀畝選手。
何よりこの組のPMをしていたキプヤティチ選手が素晴らしかった。
大六野選手のペースをしっかり見ながら上手く引っ張っていました。
PM賞というものがあるならあげたいくらいです。

原田紋里さん|第29回ゴールデンゲームズ in のべおか

GGNを観戦してきました。
ここから先、複数の記事に分けて気になった選手をアップしていきます。
先ずは第一生命の原田さん。
女子5000m B組を走って15分56秒23。
自己ベストで走ったようです。
この画像で原田さんの前後に写っている岩谷産業の髙野智声(右)さんと大同美空さん(左)。
それぞれ15分56秒70、15分57秒23の自己ベスト更新。
岩谷産業は創部したばかりですが、いきなり面白い存在になりそうです。
原田さんのフォームで目を惹くのは足運びに左右差が殆どないこと。
通常は利き足が大きく前に出て、反対の足は利き足が大きく動くことを支えるように、動作が小さくなるケースが多い。
原田さんはその左右差がほとんどありません。