2016/05/05

約束の地|U2


アイルランド出身のロック・バンドU2のベーシスト、アダム・クレイトンが「魂の叫び」の中でこんなことを語っています。
こんなことを言う奴らがいる
音楽に政治を持ち込むべきではないだとか、あるいはスポーツに政治をとかだ
ふざけんじゃねぇ
これには全く同感です。
スポーツも表現の手段ですから、どんな想いを込めても構わない。
陸上競技で、例えば棒高跳びなら、一回の跳躍に、反戦、平和、身近な人への想い…何を込めても構わないはずです。

走りながら聴く音楽。
U2では特にWher The Streets Have No Name (邦題は「約束の地」)をよく聴きます。
高校生の頃は、レースの前にも必ず聴いていました。
初めてU2を聴いたのは13歳の時でした。
あの頃は歌詞の意味がはっきり分からなくて、でもすごい詩であることは分かって、色々な想いを巡らせていました。
逃げたいんだ 隠れたい
僕を閉じ込めているこの壁を破りたい
手を伸ばして 炎に触れたい
名も知らぬ町で

陽光をこの顔に感じたい
雲よ 跡形もなく消えてしまえ
黒い雨から 身を守りたい
名も知らぬ町で

今も愛に生き 愛に死んだ町
そこへ僕は君と行く
それが僕にできるすべて

都会は洪水 愛はさびている
風にたたかれ ほこりにまみれる
高原の砂漠の町へ行こう
どの通りにも名前のない町へ

今も愛に生き 愛に死んだ町
そこへ僕は君と行く
それが僕にできるすべて
どの町のことを歌っているのだろうかとあれこれ考えました。
原発事故のあったチェルノブイリだろうか?
アパルトヘイトが行われている南アフリカの黒人居住区のことだろうか?
そして私はどこへ向かって走っているのだろうかと。
その後、U2は世界中でこの曲を歌い続けています。
紛争中の国、貧困にあえぐ町、差別が蔓延している地域、9.11の犠牲者を追悼するときにも。

走り続けていると、いつしか自分が走るこの道こそが「名前のない通り」であることに気づきます。
世界中、誰もがみな、路地裏の走者なのだと。